さっき二度寝したら、夢の中で夢を見ていて、その内容が昔の飼い犬が出てくるというものだった。
現実まで起きたらボロ泣きしてた…


昔別の犬を飼っていた事があって、その犬は事故で亡くなってしまったんだけど、49日後ちょうどに夢に出てきた事があって、
それ以来そういう夢を意識するようになった。
実際は脳がたまたまそういう幻覚を見ただけなんだけど。
ただ「そういう現象」だと分かっていれば、霊感とか、宗教的なものとか、自分の考え方の一つのきっかけとして捉えるのは何も悪いことではないと思った。こんなクソ暑い日曜の朝に。


一方で、歳をとって(45歳無職150kgのちょいポチャ系男子です)涙腺がガバってきてるのは感じている。
というか、好きなものに対しての感情表現に泣くという行為が加わった感じですね。
オタクのブルーレイとか、必ず1回は泣いてる気がする。
感動のストーリーみたいなのはゲロだけど、オタクのブルーレイは泣く。
いやオタクのブルーレイって何。
あと45歳無職150kgとか泣く前に首を吊ると思う。重くてロープ切れそうだけど。

ツイッター

使い方がうまくなった。
うまくなるのに10年かかったのには目をつぶってくれ


少し前にとある人が言っていた、「自分に謎の自信があるおじさん」(要するに、老害のようなもの)にはマジでなりたくない!
以下、私の考える「自分に謎の自信があるおじさん」になっている、またはなる素質のある人のツイッターでの特徴
・否定や嫌いなもの語りが多い
・自分語りも多い
・空リプが多い
・文章が長い
・面白くない
・同じ話を何度もする
・あまりいいねが付かない、同じ人からしかつかない
・そもそもリプライが来ない
・しかし1日のツイート数はそれなりにある


・・・俺かよ!と一瞬どころか百瞬ぐらい思うが、最近否定することをほぼしなくなったからそうじゃないと思いたい。
というのも、人にツイッターを見られる可能性が増えたんだけど、見に来てクソネガティブな事しか書かれてなくてうわってなって欲しくないでしょ。


結局のところ、そのツイート必要ある?っていうやつです。日記書かなさすぎて日本語がヘタクソになりました。えこのエントリ必要ある?あるよ
ツイッターというものの価値観は人それぞれだからこそ、あらゆる評価がなされることを忘れないようにしたい。

おたくのイベント

どんなイベントに行っても、必ず下記の特徴を持ったおたくが一緒に現れるのは何故なのか、どなたかに解明していただきたい
それだけが、私の望みです


A
ツイッターで流行っているおたく独特の言い回しを異様に使いたがる
・早口で、滑舌が悪く、興奮しているのか声が高い
・考え方が極端で、自分語りが多い
・他人の意見には意外と同意する


B
・Aと必ずペアで現れ、Aを若干バカにする感じでつっこみを入れる役割
・声が低く、落ち着いて話す
・見た目はそうでもないがAよりおたく実績が多い
・やたらとリアルを気にする



いるでしょ?
ドラクエならBを先に倒さないといけないという感じでイメージしてほしい